フィナステリドとミノキシジルについて

フィナステリドとミノキシジルについて

AGA治療薬として、効果が認めらている成分にプロペシアなどに配合されているフィナステリドとリアップなどに配合されているミノキシジルがあります。この2つの成分について解説いたします。

 

 

有効成分フィナステリドについて

AGA治療薬として認められているプロペシアの有効成分はフィナステリドという成分になります。この成分は、男性ホルモンの働きを阻害する、抗アンドロゲン薬の一種で、もともとは前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使われていました。そして、こういった病気の治療をしている患者さんの多くに、多毛症のような症状が見られたため研究が進められ、やがて男性ホルモンによって引き起こされる脱毛症に効果があることが判明しました。それまでは男性ホルモンの影響によって起こる脱毛症には、完全な治療薬と言えるものがなかったのですが、フィナステリドの発見によって有効な治療法というのが生まれました。

 

男性ホルモンによる脱毛症は、一般的に男性型脱毛症(AGA)になりますが、他にも壮年性脱毛症や若年性脱毛症なども同じ種類の脱毛症になります。これらの脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという還元酵素が結合し、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンが生成されることで引き起こされます。髪の毛を成長させる毛乳頭細胞には、ジヒドロテストステロンの受容体があり、ここにジヒドロテストステロンが大量に取り込まれると、髪が抜けるように指示がだされるために毛乳頭細胞の働きが低下して髪の毛が抜けてしまうのです。フィナステリドは男性ホルモンに作用し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制するという効果を持っているので、男性型脱毛症の改善に優れた効果を発揮します。

 

ただし、男性型脱毛症を早く改善しようとして、服用量を勝手に増やしたりすると副作用のリスクが高まるので気をつけましょう。いくらフィナステリドは効果があるといっても、一気にたくさん服用したからといって効果が高まることはありません。

 

 

有効成分ミノキシジルについて

男性型脱毛症の改善効果が認められている有効成分と言えばフィナステリドですが、もう一つ有名なのがミノキシジルです。ミノキシジルというのは、アメリカで開発された成分で、血管拡張効果をもっています。そのため医療機関では、高血圧の患者さんの治療で血圧降下剤として処方されていましたが、この治療の間に患者さんたちの髪が増加したことから発毛の効果があるとして研究が進められました。

 

その後、約20年もの歳月をかけて本格的な研究が行われた結果、1980年にミノキシジルを2%配合したロゲインという発毛剤が完成したのです。それまでは経口薬として服用していましたが、より効果的に頭皮にアプローチするには外用薬として使用した方が良いということで、塗るタイプの発毛剤として発売されました。
このロゲインの発毛効果は大きな成果をあげ、ミノキシジルは脱毛症の改善に効果がある成分としてその名も一気に広まりました。日本では、ミノキシジルを配合した育毛剤として、大正製薬からリアップという商品が発売されています。

 

ミノキシジルの効果というのは、血管を拡張して血流を一時的に増加させることですが、この効果によって頭皮の血流が一気に改善されます。血液の流れが良くなると、毛乳頭や毛母細胞にたっぷりと栄養や酸素が行き渡るので、ヘアサイクルが整って優れた発毛効果が発揮されるのです。

 

 

フィナステリドとミノキシジルの併用で効果倍増

AGA治療の有効成分として認められているフィナステリドとミノキシジル。2つの成分を併用することで育毛効果は倍増します。

 

フィナステリドは、男性ホルモンの働きを抑制することで、抜け毛を減らす防ぐという効果を持っています。ただ抜け毛に関しては高い効果を持っているのですが、積極的に発毛するという働きは持っていないので、薄毛の進行はストップできても髪の毛を増やすまでには数年かかるというのがフィナステリドの残念なところです。

 

ですが、薄毛の進行をストップして毛根組織が発毛しやすい状態になっているので、そこにミノキシジルの発毛効果を加えれば、髪の毛の増加というのは早まります。つまりミノキシジルの発毛効果とフィナステリドの抜け毛予防効果、2つの相乗効果によってさらに効率よく男性型脱毛症を改善することができるのです。

 

どちらか一方で効果をあまり実感できないという人は、両方を合わせて使用してみるのがおすすめです。

 

フィナステリドとミノキシジルが配合された画期的育毛剤フォリックス(FOLLICS)。
塗るタイプの育毛剤なのでプロペシアの副作用が心配な方にもおすすめです。
>>医学的に認められた育毛剤フォリックス(FOLLICS)はコチラ
フォリックス