プロペシアのジェネリックについて

プロペシアのジェネリックについて

プロペシアとは、男性型脱毛症の治療薬として認められた「飲む育毛剤」です。もともとは前立腺肥大を治療する薬として開発されたものですが、男性型の脱毛症に対して、毛髪の成長を促す作用があることが明らかになったため、育毛剤としても使われるようになりました。

 

プロペシアは医師が処方しなければならない処方せん薬に指定されているため、病院でお医者さんの診察を受けて処方してもらわない限り手に入れることができません。また、健康保険が適用されないため、値段が高くなってしまいます。

 

そこで、海外から、「ジェネリックプロペシア」と呼ばれる薬剤を自分の使う分だけ個人輸入する利用者が増えています。 プロペシアの特許はまだ切れていないので、厳密な意味でのジェネリック薬品は存在しません。そのため、ジェネリックプロペシアと呼ばれている薬品は、インドなど特許の取扱が独自認められている国においてのみ製造されています。 

 

ジェネリック医薬品というのは後発医薬品とも呼ばれるもので、いわゆる新薬(先発医薬品)と同じ有効成分や効能を持っている製品を指します。

 

新薬というのは、薬として開発するまでに多額の研究費用がかかりますし、有効成分の効能が認められるにはたくさんの臨床試験や実験、治験などを行い、さまざまな手続きと時間がかかります。ですので、医薬品として認められた場合には、その有効成分には特許期間というのが設けられ、独占的に製造販売をすることができるのです。ですが特許期間が終了した場合には、他の製薬会社でも同じ有効成分を使って製造することができ、そのように製造されたものがジェネリック医薬品というものになります。

 

ちなみに、プロペシアは、日本ではAGA(男性型脱毛症)の治療薬として、厚生労働省に認可されている経口内服薬なりますが、プロペシアのジェネリック医薬品は基本的に厚生労働省の認可は受けていません。

 

 

 

一番人気はフィンペシア

そもそも『プロペシア』とはメルク社という医薬品メーカーが販売している商品名で、AGAによる薄毛に効果を発揮しているのは、プロペシアに含まれるフィナステリドという成分です。AGAを発症すると、髪の毛が生えてから抜けるまでのサイクルが早まってしまい、髪の毛が成長しないまま早い段階で抜けていってしまうことにより徐々に薄毛が目立つようになってしまいます。フィナステリドという成分には、この早まってしまった髪の毛の抜け落ちるまでのサイクルを正常に戻す作用があり、髪の毛の成長サイクルを元に戻すことで薄毛を改善していきます。

 

プロペシアには、同じ有効成分を配合し製造されたジェネリック医薬品も存在しており、当然ジェネリック品には、プロペシアと同量のフィナステリドが含まれいるため、プロペシアと同程度の育毛効果が期待できます。

 

プロペシアのジェネリック品は、複数のメーカーから販売されておりますが、一番人気は、プロペシアのジェネリックとして長い販売実績があるフィンペシアです。ただ、どのジェネリック品も、価格面で大差はなく、有効成分フィナステリドは同じ配合比率で含まれているので、効果の面で違いが出るということはありません。

 

ちなみに、プロペシアを入手する場合、病院や育毛クリニックなどで処方してもらうことができますが、プロペシアのジェネリックは、品質などの理由から、日本の病院やクリニックで取扱っているところは少ないようです。海外通販などでは販売もされていますが偽物などの危険もあるため要注意です。

 

 

 

プロペシアのジェネリックを使用する場合の注意点

プロペシアのジェネリックは、本家のプロペシアに比べると値段が安いという長所があります。一方で、公的な機関による審査を受けておらず、効果効能や副作用の有無が明らかにされていないことや、万一健康被害が発生したときに公的な補償を受けることができないといった欠点もあります。 男性型脱毛症の治療には長い年月がかかりますので、長期の服薬が必要になります。安全面への配慮と経済的な負担のバランスをよく考えて、自分で納得のいく薬を選ぶことが大切です。